睡眠には2種類あります。

レム睡眠とノンレム睡眠です。

人は眠っている時
この2種類の睡眠を繰り返すことを
あなたは知っていますよね?

しかし……

眠っている時だけではなく
日中の活動中にも
同じような周期があるのを
あなたは知っていましたか?

そして、その周期が
あなたの仕事のパフォーマンスに
とても大きな影響を与えていることを……
『忙しい社長のための「休む」技術』によると……

『忙しい社長のための「休む」技術』P90・91
=======================
人間は夜にだけ休むようにはできていない。

ナサニエル・クライトマンは
5段階に分かれる90分の睡眠周期に
「基礎的休息活動周期」という
名前を与えてから10年後、

人の生体リズムには目覚めている時間帯にも
同じような90分の周期があると主張した。

夜間には浅い睡眠から深い睡眠へと移行する。
日中には注意力の波が
同じように90分ほどの周期で訪れる。
これは「ウルトラディアン(縮日)リズム」
と呼ばれるもので
文字通り「1日より短い」周期を意味する。
実際に人の身体は
90分おきぐらいに休息を求めている。
私たちはしょっちゅう……
仕事に追われている時は特に

注意力が散漫になったり
イライラしたりするが、

体が休息を求めている合図でもある
この変化を無視している。

~中略~
優れた実績を上げる人たちは
自分の体の周期を直感的に理解している。
最も優秀なバイオリニストたちが
練習時間を長くても90分までに
制限しているのはそのためだ。
他の研究者達も、チェスやスポーツ、
科学的研究などさまざまな分野の
一流の専門家たちが

およそ90分の周期で活動し
そのあとは休憩をとることを突き止めた。

一方、大抵の人は

“集中して夜遅くまで
休みなく働き続けるのが
生産性を上げる一番の方法”

だという誤った思い込みに
基づいて行動している。

=======================

生産性をあげるのに必要なのは
90分に1回休憩をとるだけ……。

そうは言っても……

多少効率が悪くても休憩を取る時間を
働く時間に当てた方が
仕事が進むのではないか?
集中力が切れるまでは
ぶっとうしで働き続けた方が
いいんじゃないか?

本当に効果があるのか?

そのように効果を疑うの人はたくさんいます。
むしろ、それが普通です。
というのも
“休憩を取る方が仕事が進む” というのは
人の直感にそぐわないことだからです。
本書で紹介されている
製薬会社のある経営幹部も
同じようにその効果を疑っていしました。
が、たった20分の休憩を
試しに午後に1回だけ入れただけで
仕事の生産性を劇的に変えることができたのです。
あなたも1度検証してみては?
『忙しい社長のための「休む」技術』は
休む」だけで、仕事のパフォーマンスを上げる
ちょっとずるい方法を紹介しています。
徹夜なんて以ての外。

成果を出すなら、休みなさい。

『忙しい社長のための「休む」技術』 目次

第1部 新しい働き方

第2部 持続可能性/身体

第3部 安全/情動

第4部 自己表現/頭脳

第5部 存在意義/精神

『忙しい社長のための「休む」技術』 口コミ・評判

リンク先の本書の商品ページにて、この本を実際に買った方のカスタマーレビュー、感想を読むことができます。

トニー・シュワルツ 著者紹介

The Energy Projectの社長兼CEOとして、高いパフォーマンスの持続を目指す企業のために、社員の基本的ニーズを満たす効果的なプログラムの考案に協力している。

3冊の著書があり、ジム・レーヤーとの共著『成功と幸せのための4つのエネルギー管理術』はベストセラーに成った。

※目次、著者紹介は、ダイレクト出版から正式に提供された文章です。

『忙しい社長のための「休む」技術』 レビュー・コメント

Photo: Thomas Leuthard
きちんと休んでいますか?
仕事のパフォーマンス上がっていますか?
『忙しい社長のための「休む」技術』によれば、7時間以上の睡眠がパフォーマンスを上げる上で重要だと言われています。
この本はダイレクト出版の本の中でも、ちょっと変わっています。経営、起業、マーケティングなどの直球のビジネス書ではなく、仕事以外の部分をテーマにした本です。

でも、その「仕事以外の部分」、「休む」ということがビジネスに大きく影響するんです。

ついつい、働きづめになっていませんか?
あなたは、マシーンではありません。にんげんだもの

しっかり、いたわってあげてください。そして、自分をいたわってあげることで、仕事の成果を上げるんです。

そんな方法、知りたくありませんか?
この本には、こんなことが書かれています。
  • 30分程度の昼寝がいい
  • ランニングは脳、認知にいい影響を与える
  • 筋肉トレーニングは、持久力トレーニング同等に重要
  • 1日5回の食事がいい
  • 最高のパフォーマンスと結びつくのはポジティブな情動
  • 寛大さは利己心よりも生存に役立つ
  • 自分をコントロールするマインドフルネス瞑想のススメ
そう。この本の「休む」は、幅広いのです。本書の目的は、私たちを動かす4つのエネルギー源を意識的に管理すること
<私たちを動かす4つのエネルギー源>

  • 身体:睡眠、休息、運動、栄養など
  • 情動:情動、感情のコントロールなど
  • 頭脳:集中、左脳と右脳など
  • 精神:価値観、情熱など
この本では、仕事のパフォーマンスを上げるためにも、仕事以外の部分全般を改善することを勧めています。

睡眠、昼寝、食事(間食!)など、私もこの本を読んで、いろいろ実践しています。

なお、企業など組織での取り組みも紹介されています。社員のパフォーマンスを上げたい経営者にもおすすめ。

「すぐに稼げる本じゃなきゃ、読む意味ない」
そんなふうに考えないでください。
「休む」技術。
これを知ることは、かけがえのないあなたが生きていくために、とても大切ではないでしょうか?

ただ知っているだけで、救われることもあるかもしれません。

あなた自身をいたわることは、あなたの大切な人をいたわることでもあります。

もし、あなたがストレスで擦り切れているように感じることがあるなら

そして……

「休む」技術で
仕事の成果を出すなら
P.S.

長期的にみれば、効率よく「稼げる本」かもしれません。休んで成功するわけですから。

ちょっとまってください! 今なら、100円でこの本が読めるかも。
※必ずリンク先で、この本が対象になっているかご確認ください。

【無料】eBook プレゼント

ダイレクト出版の本 1冊1分でポイントがわかる 要約 eBook

ダイレクト出版の本 34冊

1冊1分でポイントがわかる
要約 eBook

無料 eBook はこちら

注文前に本の内容をチェック!

ブログ執筆者

いくつかのブログやネットショップの運営をしている。さまざまな会社を経験。社員10万人規模のメーカーから、東証一部上場のIT企業、のちにジャスダック上場のベンチャー、社員10人ほどの中小企業、フリーランス(個人事業主)まで。2009年に起業、会社設立。

毎日、数人がメルマガ登録。会員数1800人。このブログとメルマガを通じて、月間数百人がダイレクト出版の本を手にしている。ブログの誕生秘話は『ザ・ローンチ』のレビューで。