その時間、もったいなくありませんか?

・電車、バス、車などの移動時間
・だらだらとテレビを見る時間
・SNSやゲームの時間……

その時間で
新しいビジネスの知識を
得てみませんか?

それも、“ 電子書籍 ” で。

“ 電子書籍 ” なら
お使いのスマートフォンや
タブレットですぐに使えます。

紙の本に比べて、かさばらず
携帯にもとても便利。

それだけでなく……

自動読み上げ機能で
ビジネス書を
“ 耳 ” から聴くことができます。

これ、とってもいいですよ。

毎日積みあがっていく
圧倒的なインプットは
あなたのビジネスの成長を
きっと加速させるはず。

いつものとおり
何となく過ごしてしまった
1か月後のあなた。

それとも……

ちょっとした隙間時間を利用して
ビジネスの知識を蓄えた
1か月後のあなた。

どちらを
あなたは望みますか?

そしてそれが
3か月後、半年後、1年後なら?

月刊ビジネス選書、入会してみた

月刊ビジネス選書に入会してみました。どのような感じなのか、お伝えします。

【特典1】電子書籍30冊以上読み放題!

電子書籍30冊読み放題
注文と同時に30冊以上がダウンロードしたアプリに届きます。それぞれ、ダウンロードしてすぐに読めます。少なくとも110,000円相当。
  • 現在38冊(単品の本で11万円相当)が電子書籍ですべて読み放題

2011年以降に発行されたダイレクト出版の書籍のほとんどが読み放題です。さらに今後、ラインナップは増えていきます。

  • オーディオ機能がついているので、たとえ満員電車や車の運転中でも、耳からラク~に読書をすることができます

仕事で疲れて帰るときや、どうしても本を開くのが辛いときでも、あなたが耳にイヤホンを差し込んで再生ボタンを押すだけで、目を閉じていても受動的に読書ができます。

  • チェック機能やメモ機能があるので、自分だけの「ビジネスの教科書」にすることができます

「これは使える」と思ったノウハウをその場でチェックし、後から何度でも見返すことができます。
すぐにその部分を復習することができるので、通勤途中に見つけたビジネスのアイデアを、その日から使えるようになります。

  • スキマ時間を有効に使うことができます

お使いのスマホやタブレットに専用アプリをダウンロードするだけで、簡単にアクセスできます。通勤の時はスマホで、家ではタブレットでというように、その時々で使い分けることができます。

  • 通常では買えない非売品の書籍を読むことができます

現在、電子書籍ライブラリーには、7冊の非売品が含まれています。
これらは、ごく限られた人しか得ることができない知識なので、それを得たあなたはビジネスでの成功のチャンスが広がるでしょう。

「ダイレクト出版の電子書籍ってどうなの?」そう思っているあなたはこちら(詳しい記事)

【特典2】好きな本5冊はこんな感じで届く!

好きな本5冊
注文から1週間程度で、好きな本5冊がダンボールで届きます。
ダンボールの中 その1
配送時に、本がダンボールの中で動かないように配慮されています。
ダンボールの中 その2
丁寧に緩衝材で梱包されています。
好きな本5冊
本はとてもきれいな状態で届きます。
好きな本5冊
私が選んだ、好きな本5冊。無料の特典です。

【メイン】最新刊が毎月1冊届く(月刊ビジネス選書)

ダイレクト出版 メール便の中身
最新刊はこのようにメール便で届きます。同じ本が電子書籍でもダウンロードできます。
Big Idea Report
新刊本のポイントがまとまれれているPDFファイルがダウンロードできます。読む前にまずこれをチェック。
毎月、届く本をご紹介

これは、私の場合。入会時期によって、届く本は変わります。毎月の新刊が届きます。

『デジタル対面営業』
【2017年2月】 『デジタル対面営業』 ダグ・ディビトリー
『スタートアップの方程式』
【2017年3月】 『スタートアップの方程式』 スティーブン・フィッシャー/ジャ=ネイ・デュアン
『スコアをつければ組織は動く』
【2017年4月】 『スコアをつければ組織は動く』 チャールズ・A・クーンラット/リー・ベンソン
『ストーリー・ブランディング』
【2017年5月】 『ストーリー・ブランディング』 ジム・シグノレリ
『天才詐欺師のマーケティング技術』
【2017年6月】 『天才詐欺師のマーケティング心理技術』 ダン・S・ケネディ/チップ・ケスラー
『時間投資思考』
【2017年7月】 『時間投資思考』 ロリー・バーデン
月刊ビジネス選書の会員になると読める本
『セールスレターの成功技術』
一般販売されていない、月刊ビジネス選書の会員になると読める本もあります。おそらく、これはどんどん増えていきます。上の配本は、すべてが一般販売されないので。
<月刊ビジネス選書の会員になると読める本(電子書籍)>

  • 『セールスレターの成功技術』 ドレイトン・バード
  • 『実践ダイレクト・マーケティング』 ドレイトン・バード
  • 『ワンクリック・キャッシュ戦略』 ブライアン・G・ジョンソン
  • 『マインドサイド・マトリックス』 デイヴィッド・フォーブス
  • 『起業力養成講座』 スティーヴン・キー
  • 『ソーシャルメディアの影響力』 ジーナ・カー/テリー・ブロック
  • 『ビリオンカンパニー』 デビッド・G・トムソン
  • 『トップグレーディング採用術』 ブラッド・D・スマート
おそらく、ターゲットが狭すぎて一般販売されない本もあるのかもしれません。

例えば、『セールスレターの成功技術』はコピーライティング、『ワンクリック・キャッシュ戦略』はアフィリエイト、『起業力養成講座』はアイデア商品の起業など。『実践ダイレクト・マーケティング』はこの中でもかなりいい本。

バッチリ、自分にハマると、得難い良書。思わぬ “掘り出し物” を見つける楽しみもあるかも。

返金保証
  • 返金保証が付いているので、万が一自分には合わないと思ったときでも、あなたにリスクはありません
もし「自分には合わない」「今は時間がない」という場合には、電話1本で簡単に返金されます。
あなたは一切リスクを背負う必要がないのです。
ビジネスの専門家が選んだ本

ビジネスの専門家が選んでくれた本だから、コンフォートゾーン(馴染みのある居心地のいい領域)にはまらず、新しいチャレンジのきっかけになりますよ。

1年後のあなた、そして、ビジネスの成長が楽しみになりませんか?

「ははは、そんなに本読むのしんどいよ……」

あなたは、ひょっとしてそんな風に思っているかもしれませんね。

いや、実をいうと、これは私のこと。私はこれがネックでした。

お得すぎるのは十分にわかる。でも、「全部、読めるのか?」って自問してました。「まあ、何冊か当たりがあれば、その他は読まなくても元はとれる」とも考えました。

でも、こんなアプローチ方法もあるんです。

それは……

ダイレクト出版の代表である小川忠洋さんは『インターネットマーケティング最強の戦略』(ダイレクト出版 2013年)という著書でこのようなことを書いています。

僕が思ったのは、「読書」という言葉は良くないということだ。
なぜなら、本を読み切ることがゴールという暗示を自分に与えてしまうからだ。
その代わりに、「リサーチ」という言葉を使ってみたらどうだろうか?

私もあなたも、何のためにダイレクト出版の本を読むのでしょうか? 様々な理由があると思いますが、大きく言えば、それは「成功」するためではないでしょうか? 自分のビジネスの成功のために、その方法を「リサーチ」するためです。

これらの本は小説ではありません。成功のためのビジネス書です。実践できる知識を得て、実際に使う。今までのあなたに違いをもたらす、決定的な情報さえ得られればいいのです。最初から最後まで「読書」する必要なないのです。

私は、入会後、数ヶ月ですべて「リサーチ」してしまいました。(もちろんじっくり読んだ本もあります。紙の本で買い直したものもあります。)電子書籍も便利で、有益な情報を得るのが速くなりました。

それに、入会後半年で、私のビジネスは過去最高の売上を3ヶ月連続で更新しています。新しい知識への投資効果は絶大。

注)個人の感想です。成果を保証するものではありません。

あなたも本を「リサーチ」してみては
いかがでしょうか?
【特典】電子書籍36冊+無料5冊
月刊ビジネス選書 入会キャンペーン

期間限定、お急ぎください!

【無料】eBook プレゼント

ダイレクト出版の本 1冊1分でポイントがわかる 要約 eBook

ダイレクト出版の本 34冊

1冊1分でポイントがわかる
要約 eBook

無料 eBook はこちら

注文前に本の内容をチェック!

ブログ執筆者

いくつかのブログやネットショップの運営をしている。さまざまな会社を経験。社員10万人規模のメーカーから、東証一部上場のIT企業、のちにジャスダック上場のベンチャー、社員10人ほどの中小企業、フリーランス(個人事業主)まで。2009年に起業、会社設立。

毎日、数人がメルマガ登録。会員数2100人。このブログとメルマガを通じて、月間数百人がダイレクト出版の本を手にしている。ブログの誕生秘話は『ザ・ローンチ』のレビューで。