本はボロボロにする? キレイに読みたい?

ザ・レスポンス・マガジン 2017年1月号
『ザ・レスポンス・マガジン 2017年1月号』(ダイレクト出版の無料冊子)

『ザ・レスポンス・マガジン 2017年1月号』で、『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』(ダイレクト出版 2015年)の著者としても知られる寺本隆裕さんは、このように書いています。

本をめちゃくちゃ大事にする人がいます。本の帯まで取っておいたり、ページを汚さないようにしたり。

が…。本はもっとボロボロにしましょう。ページを折る。メモを書く。線を引く…など、積極的に著者と関わる(エンゲージメント)ことによって、より理解が深まるのです。

ザ・レスポンス・マガジン ページ
ためになる記事です。
なるほど。

それでも、やっぱり……

本はキレイに読みたいとは思いませんか?

スマホにも、液晶保護シールを張ったり
ケースを付けたりしますものね。

私は、どうしても
本はカバーがないと安心して読めません。

あなたは、どうですか?
もし、賛同してもらえるようなら
私の愛用しているこれをおすすめします。

「透明ブックカバー コミック番長」のご紹介

コミック番長
「お前のコミック、俺が守るぜ!」
コミック番長の手順
装着も簡単です。
実際にカバーをかけてみましょう。
カバーつけ方①
①まず、こちらを通します。
カバーつけ方②
②今度は、こっちを入れ込みます。
カバーつけ方③
③のりのセロファンをはがして、あまりの部分を折り込んで貼り付けます。
カバーつけ方④
④出来上がり。のりでカバーの長さが調整できるので、どの本の厚みでもピッタリ。

 
ただ、番長、引っかかったりすると切れてしまうことも。
(あぁ、キレるから番長なのか?)

25枚入りで、価格もリーズナブルなので問題はありませんが……

「図書館」のカバーフィルムのご紹介

 
これは本の耐久性が高まります。

いわゆる「図書館」のカバーフィルム。

キレイに、本自体のカバーのまま、粘着性のフィルムで貼り付けてしまいます。『思考は現実化する』(ナポレオン・ヒル著 きこ書房 1999年)や『7つの習慣』(スティーブン・R・コヴィー著 キングベアー出版 2016年)など、何度も読み込むような本は、これにしてました。

でもこれ、なかなかの腕がないと、空気が入ってしまい上手くいかないこともあります。それに貼り直しがきかない。

まあ、手軽に装着するなら……

鉄板のブックカバーはやはりこれ?

 
カバンから、ゴソッと出し入れして読む場合は、やはりこのようなちょっと頑丈なカバーが安心感あります。

さあ、これであなたも思う存分読めますね。

【無料】eBook プレゼント

ダイレクト出版の本 1冊1分でポイントがわかる 要約 eBook

ダイレクト出版の本 34冊

1冊1分でポイントがわかる
要約 eBook

無料 eBook はこちら

注文前に本の内容をチェック!

ブログ執筆者

いくつかのブログやネットショップの運営をしている。さまざまな会社を経験。社員10万人規模のメーカーから、東証一部上場のIT企業、のちにジャスダック上場のベンチャー、社員10人ほどの中小企業、フリーランス(個人事業主)まで。2009年に起業、会社設立。

毎日、数人がメルマガ登録。会員数2100人。このブログとメルマガを通じて、月間数百人がダイレクト出版の本を手にしている。ブログの誕生秘話は『ザ・ローンチ』のレビューで。