ブログ、メルマガ、Facebook、Twitter
といったメディアを使って
集客しようすると必ずぶち当たる壁……

それが……

“面白いコンテンツが作れない”

ということ。

事実、ある米国の調査によると
コンテンツ・マーケティングの課題の1番は
「夢中にさせるコンテンツを作れないこと」です。

いくら、YouTubeなどの新しいメディアを取り入れても……
いくら、多くのメディアを使っても……
いくら、1日に3回も5回も記事を更新しても……

結局のところ、面白いコンテンツが
作れなくては何の価値もありません。

では……

お客さんを集める記事と
見向きもされない記事は何が違うのか?

その答えは……

「どんな本? ざっくり教えて」

『コンテンツ・マーケティング64の法則』
20世紀のモダンアートのようなおしゃれな装丁。
ブログ、SNSなどコンテンツを作る基本はライティング。書くこと。ライティング、ストーリー、出版――適切な記事を書くには出版にならう――、コンテンツという切り口で64の法則としてまとめられた本

著者のアン・ハンドリーは、ダイレクト出版の『お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方』も書いています。

「誰におすすめ?」

  • ブログやSNSで情報発信をしている人
  • 企業サイトなどの運営担当者
  • ブログやSNSをやっているけど、これでいいのかなと自信の持てない人
  • どんなコンテンツがいいんだろうと、迷いのある人

「ここがポイント!」

『コンテンツ・マーケティング64の法則』
ナンバリングされた法則ごとにページがまとまっています。
「コンテンツ・マーケティング64の法則」のうち、30が「ライティングの法則」です。つまり、半分は、書くことについてのもの。文章術の法則はほとんどありません。「毎日書く」とかライティングのマインドセット的な内容もしっかりあります。

「引用」「著作権」などの問題も話題になっていますが、「出版の法則」も結構ためになります。オンラインのコンテンツは、この辺の意識がルーズかもしれません。出版メディアにならうという切り口は説得力があり、参考になります。

最後のパートでは、コンテンツを作るツールやサイトの紹介一覧があります。もちろんアメリカのものです。この中でも紹介されている、Evernoteは私も毎日使っていて重宝しています。

コンテンツ、コンテンツと言っても、じゃあ、どんなコンテンツがいいの? というところからこの本は始まるんですね。

それをお話しする前に、まずはこちらをご覧ください。

『コンテンツ・マーケティング64の法則』 目次

PART1 ライティングの法則 もっとうまく書く方法(と少ししか書けないこ とを憎む方法)

PART2 ストーリーの法則

PART3 出版の法則

PART4 コンテンツの法則

PART5 コンテンツ・ツール

『コンテンツ・マーケティング64の法則』
目次「Part 1 ライティングの法則」

『コンテンツ・マーケティング64の法則』 口コミ・評判

『コンテンツ・マーケティング64の法則』
『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』も面白い。

もう他の本は捨ててしまってかまわない。
本書があなたのコンテンツを極上レベルに高める唯一必要なガイドになるからだ。
私もこの本から学ぶことがたくさんあった。
今は、新しく見つけたコンテンツ製作の筋肉を動かしたくて仕方がない

文章作法の古典的名著とされている『英語文章ルールブック』の後を継ぐ書があるとしたら、間違いなくこの本がそうだろう。
あなたがコミュニケーターなら、この本をしっかり読んだほうがいい。
たっぷり楽しませてもらった後には、もっとうまく書けるようになっている!

リンク先の本書の商品ページにて、この本を実際に買った方のカスタマーレビュー、感想を読むことができます。

アン・ハンドリー 著者紹介

コンテンツの制作・管理の専門家。MarketingProfs(マーケティングプロフス)のCCO(最高のコンテンツ責任者)。

同社はマーケティングの訓練・教育を提供し、マーケターの大きなコミュニティを運営している。

ハンドリーは『アントレプレナー』誌の月に一度のコラムを担当し、Linkedlnの「インフルエンサー」プログラムのメンバーでもある。講演活動なども精力的に行う。

共著にコンテンツ・マーケティングをテーマにした「お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方」(ダイレクト出版)がある。

著者についてさらに詳しくは、AnnHandley.comで。

※目次、著者紹介は、ダイレクト出版から正式に提供された文章です。

『コンテンツ・マーケティング64の法則』 レビュー・感想

『コンテンツマーケティング64の法則』

「高品質コンテンツ」の方程式

有益性 × インスピレーション × 共感 = 高品質コンテンツ

まず、著者のアン・ハンドリーは、イントロダクション(まえがき)でこのように定義します。この方程式は、このまま覚えてもいいくらい。

ちょっと補足説明しておきましょう。

「有益性」は読者のためになることです。文章は、ためになる情報などを含めなくてはなりません。確かに、「今日はいい天気だけど、一日、家にいた。ゲームして、ご飯食べて、寝た。」のような日記を読ませられたらつらいな、やっぱり。

「インスピレーション」は、なんらかの情報から得た「ひらめき」や「創造性」のこと。私も何らかの “アイデア ” がないと記事を読んでもらうのは難しいかなと考えています。それは、“独自性”、“個性” といったものでしょう。

そして、「共感」。常にユーザー目線であること。共感が得られないと、いわゆる「イタい」状態になりますね。独善的というか。

でも、ユーザーを意識しすぎて、当たり障りのないことばかりだとつまらない。この辺のさじ加減が難しいところかもしれません。

この「高品質コンテンツ」の方程式は、掛け算。どれかひとつがゼロだと、コンテンツの総計もゼロになる。そうアン・ハンドリーは書いています。

ライティングGPS

Part.1のライティングの法則では、「ライティングGPS」なるものが、紹介されています。これは、書くための12ステップのプロセス。「1.目標」「3.データと例を探し出す」「6.見苦しい第1稿を書く」など一連の流れで各ステップを説明されています。

「どのように記事を書いていいのか分からない」といった人や「人はどんな風に書いているんだろう?」という人に参考になりそうです。

ちなみに、「道標」や「羅針盤」ではなく「GPS」なんですね。今風です。

その他にも「ブログ投稿や記事の形式」も17項目まとめられています。「小クイズ形式にする」「ハウツー形式」「比較する」など色々とあります。いつも同じ記事の書き方で、マンネリになってしまったときは、チェックすると良さそうです。

ストーリーの法則

昨今のマーケティングでは、ストーリーの重要性がよく言われています。この本のPartではボリュームが少ないのですが、なかなか私は興味深く読みました。

顧客の「共感」を得るための企業のブランド戦略におけるストーリー。ここでも企業自体のストーリーというよりも、顧客を主人公にしたストーリーテリングが説明されています。

「自らを語る」

私もこれは、記事を書いているとよく考えることなんですね。いわゆる「話者の宣言」とも言うでしょうか。記事を書いていると、まさにあなたから「あなた誰?」って常に問われているような気がするんですね。この辺は今後の課題です。

自分の声で、自分の考えを伝える。自分を出すことで、信頼性、そして価値を高める。そういったことが、ますますオンラインの世界では当たり前になってくるかもしれません。

ライティングは習慣であってアートではない

文章の最高の目標を格調と気品に置いています

これは私の大好きな三島由紀夫『文章読本』にある言葉です。

名文とは、長く記憶に留まるような深い印象を与えるもの、何度も繰り返して読めば読むほど滋味のでるもの

これは谷崎潤一郎『文章読本』にある言葉。

文章力。日本を代表する文豪二人の言葉の後では、この文章力は「才能」としかいいようがないかもしれません。

でも、アン・ハンドリーは、“ライティングはアートではない ” といいます。もちろん、このライティングは文学ではなく、コンテンツのライティングを指しています。アートでないのだから、誰にでも書くことができると主張します。でも、どうやって?

優れたライターになりたいなら、とにかく書くしかない

アンは、毎日、デスクに向かって書きなさい。それしかない、と言います。こればかりは、技術うんぬんよりも、“書く” か……。

でも、私はこれを読んで、ごまかしてないところが好感がもてました。「なんだよ、結局、精神論かよ」的なツッコミをおそれず、「やるっきゃない」と言い切る。

「じゃあ、書きますか」って気になりません?

私の「文章術の本」のおすすめ

この『コンテンツ・マーケティング64の法則』は、文章術についてはあまり言及がないんですね。まあ、あったとしても英語と日本語じゃいろいろと違うでしょう。

私が読んでいる本の中から、有名どころ中心に文章術の本をおすすめしたいと思います。ご参考になれば。

『人を動かす文章術』 樋口裕一

これは文章を総合的に理解するのに最適です。面白い文章の条件、文章の型、文章を書くためのルール、読点の基準なんかもありますよ。おそらく、この手の本の紹介のとき、一番に挙がる本ではないでしょうか。

どれか一冊だけおすすめするのなら、やはりこの本になるかな。

樋口裕一さんは塾の論文講師なんですよね。『頭がいい人、悪い人の話し方』が250万部のベストセラーになってます。

『人を動かす文章術』 樋口裕一

『「分かりやすい表現」の技術』 藤沢晃治

オンラインの文章は、読みやすく、分かりやすくが基本。紙の本のように熟読はしてもらえないんですね。画面に並んだ文字を、目でざっとスキャンしていくみたいな感じでしょうか。

でも、「分かりやすい」ってそもそも何だ? この本はこれを脳の構造から説明してくれるんですね。といっても脳科学の本ではないので、難しくはないです。新書で読みやすいですよ。

脳にすんなり情報を受け入れてもらえるように、あらかじめ情報を整理してあげることが、「分かりやすい」ということなんです。

「カレーをあんまり食べたいと思っていない人に、カレーの材料を放り投げてもダメ」という「分かりにくい表現」の比喩も面白いです。

「世の中、分かりにくい表現ばかり」とこの本の著者、藤沢晃治さんは嘆いています。分かりにくい道路標識などの実例を挙げての説明も面白く読めますよ。

『「分かりやすい表現」の技術』 藤沢晃治

『原稿用紙10枚を書く力』 齋藤孝

これはラフに記事を書いていくより、もっとしっかり書きたい人向け。

「書く力」とは何か?

それは「構築力」だと斎藤先生は教えてくれます。構築力とは、章立てしてある構成を持った文章のことです。

比較的短い文章のSNSやブログだと必ずしも当てはまらないかもしれませんが、全体的な構成を意識した文章はやはり読み応えがありますね。

「原稿用紙10枚を書く力」があれば、それを拡大させて本を書くこともできると説明されています。

他にも、「そもそも書くこととは何か?」といった根本的なことや、「文体」つまり「自分のスタイル」のようなコンテンツを作る上でも重要な要素にも迫ります。

しっかりとした骨子を持ったコンテンツを作りたいなら、この本はおすすめです。

『原稿用紙10枚を書く力』 齋藤孝

この記事は……

もうそろそろ終わりにしようと思います。この記事はどうだったでしょうか?

高品質なコンテンツはこんな方程式で表されていました。

有益性 × インスピレーション × 共感 = 高品質コンテンツ

この記事の「有益性」は、アン・ハンドリー著の『コンテンツ・マーケティング64の法則』はどんな本か伝えること。特に、コンテンツを作っていて、この知識が必要な人に知らせること。

「インスピレーション」は、コンテンツ制作の基本であるライティングにおいて、日本語の文章術の本を紹介するという、私ならではの付加価値をこの記事に加えました。

「共感」はどうだったしょう? 私自身、ブログ運営などでコンテンツを作っています。同じようなコンテンツを作っている、あなたに「共感」してもらえる記事だったなら嬉しいです。

さあ、書こう

あなたのコンテンツをもっとよくしたいのなら、この『コンテンツ・マーケティング64の法則』がきっと役に立ってくれるはず

ライティングについて書かれた本だけあって、とても読みやすい。それに読者への「共感」にあふれています。

さあ、ただ漫然と書き散らすだけのコンテンツは、もう卒業です。

まわりとは一味ちがう、あなたらしい「高品質なコンテンツ」をつくろう。そして、あなたの読者をグイグイ引き込んで楽しませよう。

これは、そのための「64の法則」です。

この本のカバーの折り返しにこんな一文がありました。
“ 誰もがライターだ。”

【無料】eBook プレゼント

ダイレクト出版の本 1冊1分でポイントがわかる 要約 eBook

ダイレクト出版の本 34冊

1冊1分でポイントがわかる
要約 eBook

無料 eBook はこちら

注文前に本の内容をチェック!

ブログ執筆者

いくつかのブログやネットショップの運営をしている。さまざまな会社を経験。社員10万人規模のメーカーから、東証一部上場のIT企業、のちにジャスダック上場のベンチャー、社員10人ほどの中小企業、フリーランス(個人事業主)まで。2009年に起業、会社設立。

毎日、数人がメルマガ登録。会員数2100人。このブログとメルマガを通じて、月間数百人がダイレクト出版の本を手にしている。ブログの誕生秘話は『ザ・ローンチ』のレビューで。