なぜ、ほとんどの起業家は稼げないのでしょうか?

実際

1年以内に60%が倒産
5年以内に80%が倒産
10年以内に95%が倒産

というデータ からもそれは明らかです。

ただ、一部の起業家が
実際に稼げているのも事実です。

ではこの違いは一体何なのでしょうか?

「大富豪の起業術」という本によると
それは起業家の才能でもなく
商品の良し悪しでもなく
ましてや運なんかでもありません。
それは単にほとんどの起業家が
起業直後にするべき一番大事なことを
おろそかにしているからだそうです。
この本の著者、マイケルマスターソンは
年商100億円以上の会社を2社、 50億円以上の会社を2社
さらに10億円以上の会社を10社以上作る という

非常識な仕事をやってのけていて
あの、ジェイ・エイブラハムが唯一リスペクトする
というスーパー起業家です。

1社だけでも、年商数十億の規模の
会社を作るのはとても大変です。
だから、それをいくつも実現している彼は
何かを知っているはずです。
何か、他の人が知らないビジネスの秘訣を……
何か、何度も何度も成果が出るような秘訣を……
『大富豪の起業術』
「毎年700億円を稼ぎ出す<ダイレクトマーケティング起業家>が明かした ゼロから1億円を生み出す最速の方法とは」
『大富豪の起業術』
文字はいつもの本より少し小さめ。レイアウトにゆとりがあるので、読みにくくはない。
会社の規模によって
大事なことは、まるで違います。

『大富豪の起業術』 目次

PART1 自分の可能性に挑戦する

 序章 この世で最高の仕事
 1 次のレベルに達するには
 2 なぜ従業員規模が重要か
 3 5つの才能を兼ね備えたビジネスの天才になる

PART2 ステージ1 幼児期

 4 販売の重要性
 5 OSS(最適販売戦略)と初めての商品を売るための4つの基本的な秘訣
 6 キャッチコピーの達人になる
 7 ステージ1 の段階で次に優先すべきこと
 8 ステージ1の起業家が遭遇する問題、課題、チャンスのおさらい

PART3 ステージ2 少年期

 9 100万ドルから1000万ドル以上へ
 10 イノベーション──ステージ2 の成長の鍵
 11 スピード 「構え、撃て、狙え」を事業に導入する
 12 構える
 13 何を待っているのか? 早く撃ち始めよう!
 14 商品の狙いを定める
 15 マーケティングの狙いを定める(パート1)短期集中コース
 16 マーケティングの狙いを定める(パート2)買いたいという情熱を理解する
 17 「 構え、撃て、狙え」方式で、始め!
 18 ステージ2で経営者が直面する困難、課題、そしてチャンス──復習編

PART4 ステージ3 青年期

 19 ステージ3への転換
 20 大企業トップへの変身
 21 ステージ3 の事業に優秀な人材をそろえよう
 22 ボトルネック・官僚主義・政治的駆け引き
 23 ステージ3で経営者が直面する困難、課題、そしてチャンス──復習編

PART5 ステージ4 成人期

 24 最後のビッグチャンス
 25 自分の会社の主要投資家になる

『大富豪の起業術』
目次ページ。会社の4つのステージについて説明される。5部構成。

『大富豪の起業術』 口コミ・評判

『大富豪の起業術』
ビジネスコンサルタントの権威、ブライアン・トレーシーのテスティモニアル(推薦の言葉)。

これはすばらしい本だ。
実践された効果が証明されている戦略や手法が満載であり、この本を読めば売上や利益を想像もしなかった規模にまで成長させることができるだろう。

リンク先の本書の商品ページにて、この本を実際に買った方のカスタマーレビュー、感想を読むことができます。

マイケル・マスターソン 著者紹介

年商100億円以上の会社を2社、50億円以上の会社が2社、10億円以上の会社を10社以上保有、ダイレクト・レスポンス・マーケティングの世界で屈指の実積を誇るスーパー起業家。

その事業構築手腕は多くの起業家、マーケッターから高く評価され、推薦文等を書くことがないジェイ・エイブラハムが本書に序文を寄稿するほど。

コンサルタントとしての経験も豊富で、情報出版、投資アドバイス、健康・栄養、バー、レストラン、店舗用家具、美術品販売、塗装、大工、プール建設、広報、キャリア開発、 宝飾品、香水・化粧品、装身具、ベビー用品、カセットテープ講座、雑誌、ニュースレター、本、不動産開発、賃貸不動産管理、スポーツ・フィットネスなど数々のプロジェクトを成功に導いている。

45万人の会員を誇るメールマガジン「Early to Rise」の発行人でもある。

※目次、著者紹介は、ダイレクト出版から正式に提供された文章です。

『大富豪の起業術』 レビュー・コメント

『大富豪の起業術』イメージ

「朝には四つ足、昼には二本足、夜には三つ足で歩くものは何か?」
ギリシャ悲劇『オイディプス王』に登場する、怪物スフィンクスの謎かけだ。「人」と答え、オイディプスは難を逃れる。

人生は3つのステージに分かれる。幼児はハイハイをし、成長すれば立って歩き、老人になると杖をつく。

『大富豪の起業術』で、マスターソンは、会社を4つのステージに分けた
  1. 幼年期 年商0〜1億円
  2. 少年期 年商1〜10億円
  3. 青年期 年商10〜50億
  4. 成人期 年商50〜100、200億円
そして、それぞれのステージで重要となることがあるという。
  1. 幼年期 とにかく商品を売る
  2. 少年期 新しい商品の開発
  3. 青年期 大きくなった組織の管理
  4. 成人期 会社の売却、株式公開など
全495ページの大著である。すべては、本書に詳しく書かれている。

この本を読めば、会社の成長をダイナミックなスケールとして捉えることができよう

会社の “一生” を、一代記をたどるように、イメージできるかもしれない。

ところで、あなたにも夢があるはずだ。

あなたの夢を、会社という形で叶える方法が、この本でわかる。その夢は、ヨチヨチ歩きから、立派に成長をとげ、堂々たる会社となった姿を、きっと現実に見せてくれる。

問いで始まったので、問いで終わらせよう。
「人のように成長を遂げながら、お金を生み出すものは何か?」
そう、答えは、会社だ。
「では、その会社を生むのは誰か?」
大丈夫だ。

この本があれば。

『大富豪の起業術』
全495ページ。もともと上下巻だったものを、使いやすく1冊にまとめたそう。値段は他の本と同じなのでお買い得? 「もっとコンパクトな本なら…」「大企業の話いらない…」という場合は、『臆病者のための科学的起業法』がおすすめ。

ちょっとまってください! 今なら、100円でこの本が読めるかも。
※必ずリンク先で、この本が対象になっているかご確認ください。

【無料】eBook プレゼント

ダイレクト出版の本 1冊1分でポイントがわかる 要約 eBook

ダイレクト出版の本 34冊

1冊1分でポイントがわかる
要約 eBook

無料 eBook はこちら

注文前に本の内容をチェック!

ブログ執筆者

いくつかのブログやネットショップの運営をしている。さまざまな会社を経験。社員10万人規模のメーカーから、東証一部上場のIT企業、のちにジャスダック上場のベンチャー、社員10人ほどの中小企業、フリーランス(個人事業主)まで。2009年に起業、会社設立。

毎日、数人がメルマガ登録。会員数1800人。このブログとメルマガを通じて、月間数百人がダイレクト出版の本を手にしている。ブログの誕生秘話は『ザ・ローンチ』のレビューで。