ビジネスで成功するために
一番大事なものはなんだと思いますか?

商品でしょうか?
知識でしょうか?
それとも人脈?

もちろんどれも大事ですが
実は一番大事なのはビジネスに対する
マインドセット(考え方)です。

このマインドセットが弱いとどんなにいい商品や
並外れた知識があっても成功できません。

逆にマインドセットが強いと多少のハンデを
乗り越えることもそう難しくありません。

億万長者メーカーのダン・ケネディはこの本の中で
延々とマインドセットの話をしています。

もし、商品もあって知識もあるのに上手くいかない。
そんな方はこの本を読んでみてください。

『億万長者の不況に強いビジネス戦略』
『世界No.1の「億万長者メーカー」が書いた経営戦略のバイブル!』
『億万長者の不況に強いビジネス戦略』
経営者として、ビジネスをどうしていけばいいのか? ダン・ケネディのビジネス指南のオンパレード。
『億万長者の不況に強いビジネス戦略』『億万長者の不況に強いセールス戦略』『億万長者のお金を生み出す26の行動原則』
ダン・ケネディ(小川忠洋監訳)のバイブル全3冊。手元に置いて何度も読みたい。
ダン・ケネディの
「ビジネスの教科書」

『億万長者の不況に強いビジネス戦略』 目次

第1章 起業家の現実

1 成功するための決断
2 起業家が直面する厳しい現実

第2章 成功の条件

3 アイデアの良し悪しを判断する方法
4 大きな成功はポジショニングがもたらす
5 起業家が大金を稼ぐ方法
6 短期間でお金持ちになるための突破口

第3章 新・経営の教科書

7 自分を信じる
8 キーパーソンはどこにいる
9 弁護士や会計士との付き合い方
10 経営の教科書は捨ててしまおう
11 キャッシュフローの管理術

第4章 新たな時代のルール

12 最高の生産性を実現させる方法
13 幸運を引き寄せる起業家の習慣
14 好循環を生むミニ・コングロマリット戦略
15 何のためのビジネスか?
16 絶体絶命! ビジネスを窮地から救う方法
17 ニューエコノミーのもとで起業するあなたに

『億万長者の不況に強いビジネス戦略』
目次ページ。ダイレクト出版からもダンの著作は数多く出版されている。それらの本のエッセンスも随所で見られる。

『億万長者の不況に強いビジネス戦略』 口コミ・評判

『億万長者の不況に強いビジネス戦略』
ビジネスコンサルタントの権威、ブライアン・トレーシーのテスティモニアル(推薦の言葉)。

ダン・ケネディ氏は、あらゆるビジネスの重要な真実を見抜く。彼の考え方には物議を醸すものもあるが、クライアントに成果をもたらす能力は群を抜いている。本書に記されたアイデアやノウハウを実践すれば、あなたは短期間でビジネスを改善することができるだろう。あなたのビジネスライフと収入は完全に変わってしまうはずだ。

リンク先の本書の商品ページにて、この本を実際に買った方のカスタマーレビュー、感想を読むことができます。

ダン・ケネディ 著者紹介

全米で多くの億万長者を生み出してきて、「億万長者メーカー」と呼ばれている。

彼にはいくつもの顔があり、著者としては11冊以上の本を出版、そのうち6冊は日本語版も出版されている。

講演家としては、9年連続で、20~27以上のイベントに出演。ブラアントレーシー、マーガレットサッチャー元英国首相、ブッシュ元大統領、レーガン元大統領、シュワルツコフ将軍などと講演をともにする。国内の協会、企業、独立系セミナープロモーターなどとの現役中の契約は2000を超える。現在は講演をうけることは滅多にない。

マーケティング・コンサルタントとしては、32年のキャリアをもち、年商数千万円~数億円規模の会社から数千億円規模のクライアントを育てている。(その中の一社はニキビケアのTV通販で世界No1になりました。テレビCMで有名なプロ○クティブ)

彼の月刊ニュースレター『屁理屈なしマーケティング・ニュースレター』は現在、米国で2万人以上の会員、日本で2000人以上の会員の元に届けられている。

現在のコンサルティングフィーは1日128万円。コーチングプログラムは年間320万円。 コピーライティングプロジェクトは1000万円前後+%ロイヤリティ。(全て、キャンセル待ち)

2009年彼のコーチングクライアントの主催するセミナーには合計で10万人以上が出席した。起業家、マーケターにとって極めて影響力の強い人物である。

※目次、著者紹介は、ダイレクト出版から正式に提供された文章です。

『億万長者の不況に強いビジネス戦略』 レビュー・コメント

『億万長者の不況に強いビジネス戦略』イメージ

新しい時代になった。
ダン・ケネディは、最初に、この新しい時代の問題点を挙げている。
<ニューエコノミーの問題点>

  1. 店舗の数が多過ぎる
  2. 似たり寄ったりのブランドが多過ぎる
  3. みな、モノを持ち過ぎている
  4. 何より最悪なのは、セールスマンシップが地に落ち、サービスの質が急速に低下してしまったことだ
インターネットには、モノが溢れかえっている。それにもかかわらず、売り手はお客さんの顔も見たことがない有様。
こんな時代に、どう戦えばいいのだろうか?

とらや

多くのビジネスパーソンを成功に導いてきた「世界の億万長者メーカー」ダン・ケネディ。

『億万長者の不況に強いビジネス戦略』は、そんなダン・ケネディのビジネス哲学の中心的な本

彼の「ビジネス戦略」が “ぎっちり” 詰まっている。とらやの羊羹のように濃厚なのだ。

とらやの羊羹、お土産にしたことがあるだろうか?

とても重い。

ダンのビジネス・マインドセット

ダンが吠えている。

すべての成功の達成は、決断から始まる。

パッとしない人生のほとんどは、決断を決定的に欠いている。

これは、「ダン・ケネディの不変の真実 その1」だ。こんな調子で、全編にわたり吠えまくる。「不変の真実」については、19回。

気が小さい人が読み続けるのは、無理だ。

ダンの咆哮(ほうこう)は、マインドに響く。

ビジネスの成功を「決断」した者だけが、この本を読み終えることができるのだ。

ダンのビジネス戦略

こんな本がある。名著だ。
『ポジショニング戦略』 アル・ライズ/ジャック・トラウト
ダンの戦略を見てみよう。
「ポジショニング戦略」
ダン、被っている。いや、被せてきたのだ。お笑いでも「カブせ」は鉄板だ。ビジネスでも「ポジショニング戦略」は鉄板なのだ。

我ながら、強引すぎたと、今、猛省している。どうやら、私の「ポジショニング戦略」は失敗だ。

撤退の前に、これを。

<ダンのポジショニング戦略>

  1. 顧客を引きつけるネーミング
  2. ビジネスを安定させる価格設定とは
  3. 目的に合ったイメージを作り上げる
  4. なりたいものに自ら任命してなる
ダンは言っている。
  • 「大きな成功はポジショニングがもたらす」
他にも、ダンの戦略には、こんなのがある。
  • 「アイデアの良し悪しを判断する方法」
  • 「起業家が大金を稼ぐ方法」
  • 「短期間でお金持ちになるための突破口戦略」
「突破口」とは、いわば「ブレイクスルー」だ。ビジネスには、これが欠かせない。ボケには、ツッコミなのだ。
うむ。どうもオチない。

ダンの「新・経営の教科書」

この本にあるのは、いわゆる「ビジネス戦略」だけではない。

経営についての細かいポイントも書かれている。

<「新・経営の教科書」の気になるポイント>

  • 「セールスに対する思い込みを改める」
  • 「あなたは正しい理由で人を雇っているか」
  • 「弁護士や会計士との付き合い方」
  • 「雇うときはじっくり、クビにするのは素早く」
  • 「キャッシュフローの管理術」……など
「キャッシュフローの管理術」は、詳しく載っている。実際のところ、経営において「キャッシュフロー」は頭を悩ませる問題だ。

「不況に強い」とは

最後のパートは、「新たな時代のルール」と題されている。「新たな時代」「ニューエコノミー」は、ビジネスが難しい「不況」だということ。このパートでは、こんなことが話されている。

「不況」を勝ち抜いていく方法だ。

  • 「最高の生産性と実現させる方法」
  • 「幸運を引き寄せる起業家の習慣」
これらは、それぞれ、ダンのこんな人気本を思わせる。
実際、この『億万長者の不況に強いビジネス戦略』の随所で、いろいろなダンの本のエッセンスを感じ取ることができる。

そういった意味で、冒頭で「ダン・ケネディのビジネス哲学の中心的な本」といった。この本に、ダンの教えがまとまっている

さて、重要なのは、あなたのビジネスのことだ。

あなたのビジネスが成功することだ。

成功に至るまでの道筋は、人によりさまざまだろう。

そのビジネスの道中で、指針になるような「マインドセット(考え方)」「戦略」「教科書」があれば、どうだろう。

もちろん、自分でビジネスを興そうとする人は優秀だ。自分なりの戦略で勝つこともできるだろう。試行錯誤することにも意味がある。

でも、あらかじめ知っておけば済むこともある。知らなかっただけで失敗したら、残念すぎる。

ここにある、一冊の本。
多くのビジネスパーソンを成功に導いてきた「世界の億万長者メーカー」が書いた本だ。
この本にあるとおり、起業家は孤独だ。持つべきものは、あなたの野心を応援してくれないような友ではない……
転ばぬ先の杖だ。
私は、ダンじて、スベってないぞ。
P.S.

うむ。オチない。あなたのビジネスは、スベってはいけない。

【無料】eBook プレゼント

ダイレクト出版の本 1冊1分でポイントがわかる 要約 eBook

ダイレクト出版の本 34冊

1冊1分でポイントがわかる
要約 eBook

無料 eBook はこちら

注文前に本の内容をチェック!

ブログ執筆者

いくつかのブログやネットショップの運営をしている。さまざまな会社を経験。社員10万人規模のメーカーから、東証一部上場のIT企業、のちにジャスダック上場のベンチャー、社員10人ほどの中小企業、フリーランス(個人事業主)まで。2009年に起業、会社設立。

毎日、数人がメルマガ登録。会員数2100人。このブログとメルマガを通じて、月間数百人がダイレクト出版の本を手にしている。ブログの誕生秘話は『ザ・ローンチ』のレビューで。